【初心者のため】のホームページを作ってみよう!vol2(WordPress編)




ホームページを作るにはHTML・CSSが最低限必要な要素で、レベルが上がるとPHPやJavaScript、JQueryなど複雑なプログラムが関係してきます。前回紹介させて頂いたサーバーやドメインの用意が完了した人へホームページの設置とHTMLという骨組みの仕方を説明してきます。

サーバーとドメインの契約が終わったらさっそくホームページを作っていきます。
1からHTMLやCSSで作るのは正直言って難しいですし、時間がかかるのでCMSというツールをインストールしホームページの簡略化をしていきます。よく使われるのはWordPressやJimboなどありますが私が使っているWordPressのご説明をします。

 

【WordPress】のインストールをしよう!

サーバーの契約でCMS各種のインストールがボタン一つでできるようになっているので、インストールはめちゃめちゃ簡単です。昔は本家からダウンロードしてきてデータベースとの連結の設定したりと面倒だったのに(笑)
mixhostでWordPressのインストールを説明していきます。

コントロールパネルにログイン

まずはコントロールパネル(管理画面)へログインします。各サーバー会社に契約するとメールでIDとPWが送られてくるので必ず保存しましょう。IDとPWを入力しログインします。

画面下にある「WordPress」をクリックし、次の画面で「Install Now」をクリックすると設定画面へ移行しますので、自分の条件にあった内容を入力します。

WordPressのインストールに必要な設定

プロトコルの選択 https://(SSLあり)
http://(SSLなし)
ドメインの選択 契約したドメイン
ディレクトリ 既存ではwpになっていますが、セキュリティ上あまりよくないので変更する事をおすすめします。
サイト名 自身のサイトタイトルを設定しましょう!
サイト説明 サイト名同様に自身のサイトを200文字程度で説明しましょう。
※後々に設定する事ができますので、ここではスルーしても大丈夫です。
管理者アカウント Username:わかりにくいものを設定して下さい。
Password:こちらも下の色付きバーが緑色になるようなパスワードを設定しましょう。
Eメール:自身が良く使うメールアドレスを入力
以下オプション インストール後に変更できますのでここもスルーしましょう。

インストールのボタンをクリックすると完了です。
次の画面で管理画面へのアクセスURLなどが表示されますので、メモして保存しておくといいと思います。
私は表示されたURLへアクセスし、ブックマーク(お気に入り)に登録してます。

まとめ

インストールは以上で終了です。他のサーバー会社でのインストールでもこのように簡単にインストールできます。インストール自体は適当に進めても問題なく終了しますので、気兼ねなく進めていきましょう。

難しく、面倒になるのはインストール後に行う、ホームページのための初期設定(プラグイン・テーマの選択・レイアウト)です(笑)
ホームページで追加(設定)したほうがいいプラグインやおすすめのWordPressテーマを別のページで紹介します。










どんなサイトにも対応できるレンタルサーバー
安くて性能(スペック)良し!管理もしやすいので設定が簡単♪

FX完全自動売買システムが完成

自由な時間を生み出すFXの自動売買ソフトに興味のある方は以下のボタンからどうぞ!
半信半疑の方向けにシグナル配信を無料にて行っております。